滋賀県の交通について

滋賀県は近畿地方の一つで、関西の北東部に位置する県です。

日本で一番大きい湖である「琵琶湖」が県の中央に存在し、その周りを市町村を囲む形になっています。県庁所在地は「大津市」です。

交通の面では、東海道新幹線が通っており、停車駅は県庁所在地のある大津駅ではなく滋賀県内で唯一米原駅に停車します。米原駅からは京都方面にも北陸方面にも出やすく交通の便がよいです。

JR西日本鉄道では、琵琶湖を中心に囲むように左右に分かれる二方面の路線があるのが特徴です。南は山科駅が分岐点で北は近江塩津駅が分岐点となります。又京都市から京阪電車出ており、今では珍しい路面電車が走っています。JRや私鉄にしろ、主に京都市から出て終点となる駅が多いです。

高速道路は、西日本から東日本の間を走行する欠かせないルートとなっています。

関西圏内で他の府県に比べると目立ちにくい県ではありますが、関西と中部の境目に位置し、双方への交通の便が良いので住みやすい県として人気があります。